Anker PowerWave Magnetic Pad Liteのレビュー 安くお試しMagSafe対応充電器にピッタリ!

サムネイル

はじめに

こんにちは。NeoSlothネオスロウス(@SlothNeo)です。

今回は、MagSafeワイヤレス充電器 Anker PowerWave Magnetic Pad Lite(型番:A2567022)についてレビューしていきます。

この製品は最大7.5WのMagSafe充電(Qi)が可能で、基本的にはiPhone12以降のMagSafe対応機種の充電が可能です。
また、MagSafeに対応したケースを使用している場合は、AirPodsやAirPods Proの充電も可能です。

更にMagSafeはQi規格なので、磁力による吸着はないですが、Androidスマートフォンでもワイヤレス充電(Qi)に対応していれば、本製品が使用可能かもしれません。

さて簡単な説明は以上として、私は現在、iPhone Xsを使用していますが、iPhone Xsはワイヤレス充電(Qi)には対応していますがMagSafeには対応していません。
しかし、100均の「GUARD CASE(ガードケース) for iPhone Xs/X」にSimplismのMagRing(TR-MS-MR-SV)を貼り付ける事で無理矢理MagSafeに対応しています。

そこで、折角MagSafe対応したのでMagSafe充電がしたくてAnker PowerWave Magnetic Pad Liteを購入しました。

100均の「GUARD CASE(ガードケース) for iPhone Xs/X」に関しては、下記のレビュー記事を参考にしてみてください。

iPhone Xs/X用ガードケースのレビュー 角に衝撃吸収構造採用で、セリアとキャンドゥの100均で購入可能!

iPhone Xs/X用ガードケースのレビュー 角に衝撃吸収構造採用で、セリアとキャンドゥの100均で購入可能!

SimplismのMagRing(TR-MS-MR-SV)に関しては、下記のレビュー記事を参考にしてみてください。

ケースに貼るだけでどんな機種でもMagSafe対応にできちゃう!

ケースに貼るだけでどんな機種でもMagSafe対応にできちゃう!

USB充電器についてもレビューしているのでチェックしてみてください。

CIO NovaPort DUO 65W PDのレビュー 持ち運びに便利な高出力USB充電器

CIO NovaPort DUO 65W PDのレビュー 持ち運びに便利な高出力USB充電器

Anker 747 Charger (GaNPrime 150W)のレビュー|最強の高出力充電器で複数台に急速充電可能!

Anker 747 Charger (GaNPrime 150W)のレビュー|最強の高出力充電器で複数台に急速充電可能!

おすすめできる人・できない人

おすすめできる人

  • iPhone12以降のMagSafe対応機種を使用している人
  • MagSafe対応ケースのAirPods、AirPods Proを使用している人
  • MagSafa充電を試して見たい人
  • あまり充電しながら使わない人

おすすめできない人

  • MagSafeに非対応の機種を使用している人
  • 頻繁に充電しながら使用する人
  • 発熱が気になる人

特徴

まずは他社製品とも比較しながらスペックを確認します。

メーカーAnkerApplebelkinbelkinSpigen
製品名PowerWave Magnetic Pad LiteMagSafe充電器MagSafe認証ポータブルワイヤレス充電パッド15W
(Power Supply Not Included)
磁気ポータブルワイヤレス充電パッド7.5WArcField Magnetic Wireless Charger
(MagFit)
出力5W, 7.5W, 10W最大15W最大15W最大7.5W7.5W
ケーブル長1.5m1m2m2m1m
入力ポートタイプUSB-CUSB-CUSB-CUSB-CUSB-C
スタンド機能無し無し有り無し無し
サイズ
※プラグ部を除く
(おおよそのサイズ)
直径:62mm
厚さ:8mm
直径:56mm
厚さ:5.5mm
直径:89mm
厚さ:30mm
直径:60mm
厚さ:11.5mm
直径:62mm
厚さ:6mm
重さ
(おおよその重さ)
65g53g136g109g47g
参考価格
Amazon:2,490円Amazon:5,930円Amazon:7,245円Amazon:2,873円Amazon:2,190円
リンク

AppleのMFi認証がない製品に関しては、基本的にiPhoneに充電する際は7.5Wが最大となります。
つまり、Apple純正品の様に15Wでの出力は対応していません。

ただし、belkinの「MagSafe認証ポータブルワイヤレス充電パッド15W (Power Supply Not Included)」は、Appleの認証を受けているので最大15W出力まで対応している様です。

15W出力の製品はお値段もそれなりにしますね。
更に言うとちゃんとMagSafeに対応したiPhone12以降でないと15Wの給電が受けれないので、私の様にiPhoneXsだとApple純正の充電器でも7.5Wまでの給電しか受けれません。

7.5Wの製品で気になるのは、Spigenの「ArcField™ Magnetic Wireless Charger (MagFit)」になりますが、ケーブルの長さが1mなのとAmazonのレビューを見ると磁力が他社製品よりも弱いと言うレビューが目立ちました。

次にAnkerのPowerWave Magnetic Pad Liteの特筆すべき特徴を見ていきます。
順番に見ていきましょう。

  • マグネット式のワイヤレス充電
  • 約1.5mのケーブル長
  • 安価

マグネット式のワイヤレス充電

マグネット式のワイヤレス充電

従来のQi規格だけのワイヤレス充電では端末のバイブレーションやちょっとした揺れなどで位置がズレて「充電されていなかった」が発生していました。
しかしマグネットが付いたことにより位置ズレが発生しない様になりました。

約1.5mのケーブル長

約1.5mのケーブル長

Apple純正のMagSafe充電器では1mでしたが、本製品では1.5mの長さになっており、短過ぎず長過ぎずの丁度良い長さになっています。

安価

Apple純正のMagSafe充電器に比べて半分以下の価格になっています。
(充電速度も半分ですが……)
なので、MagSafe充電を試したい方に丁度良いとです。

開封

パッケージ表

パッケージ表

パッケージ裏

パッケージ裏

パッケージ開封

パッケージ開封

内容物

内容物

本体表

本体表

本体裏

本体裏

USB-Cコネクタ

USB-Cコネクタ

マニュアル類

マニュアル類

クイックスタートガイド表紙

クイックスタートガイド表紙

クイックスタートガイド中身

クイックスタートガイド中身

マニュアル表

マニュアル表

マニュアル裏

マニュアル裏

マニュアル目次

マニュアル目次

マニュアル日本語ページ1

マニュアル日本語ページ1

マニュアル日本語ページ2

マニュアル日本語ページ2

説明

本体サイズ

本体サイズ

充電器のサイズとしは、直径62mm、厚さ8mmで重さは約65gとなります。

ファーストインプレッションとしては意外と小さくて軽いなと感じました。

充電器本体の根本部分が着脱不可

充電器本体の根本部分が着脱不可

Anker PowerWave Magnetic Pad Liteに限らず、Appleやbelkin、Spigenの製品も同様に充電器本体と根本部分は着脱不可となります。

ですが、破損しやすいのは根本部分やケーブルの断線だと思うので、耐久性や長く使用する事を考えるとUSB-Cポートなど着脱できるようにした方が良いと思いました。

ケーブル

ケーブル

ケーブルは1.5mの長さで充電ポートから少し距離があっても使用可能です。

充電ポートはUSB-Cタイプとなっています。

AirPodsの充電が可能

AirPodsの充電が可能

AirPods(第3世代)やAirPods Proの充電ケースがMagSafeに対応した充電ケースを使用する事で、Anker PowerWave Magnetic Pad Liteで充電が可能です。

MagSafeなので充電器を横や逆さにしても磁力で張り付いたままになります。

iPhone8以降の充電も可能

iPhone8以降の充電

iPhone8以降であれば、ワイヤレス充電の規格であるQiに対応しているので、Anker PowerWave Magnetic Pad Liteで充電が可能です。

私が所持しているiPhoneXsも充電可能でした。また、セリアのケース(厚さ1mmほど)を付けたままでも充電可能でした。

そして、以前に使用していた手帳型のケース(厚さ3~4mmほど)でも意外にも充電が可能でした。
ちなみにAnker PowerWave Magnetic Pad Liteの説明書を見ると"4mm以上のケースではワイヤレス充電できません。"と記載があります。

iPhone Xsの場合は、Appleのロゴマークと「iPhone」の中間あたりにAnker PowerWave Magnetic Pad Liteを当てると充電されます。

Apple Watchの充電は不可能

Apple Watchの充電

Apple Watchの充電方法はAppleの独自規格らしいのでAnker PowerWave Magnetic Pad Liteでは充電不可となります。

私が所持しているApple Watch5やApple Watch8で試してみましたがやはり充電不可でした。

発熱

充電中はやはりAnker PowerWave Magnetic Pad LiteもiPhoneも発熱します。
ただ触れれない程では無いです。
ですが、発熱はiPhoneのバッテリー寿命にも影響するので、充電中はファンを回すなど熱対策は必要な気がしています。

ワイヤレス充電しながらゲーム等の端末に負荷を掛ける作業はしない方が良さそうです。

更に絨毯やファブリック素材等の熱が篭りやすい素材の上に配置しない方が良いでしょう。

充電速度

Anker PowerWave Magnetic Pad Liteは説明書を見ると5W, 7.5W, 10Wの出力に対応しています。

iPhoneであれば、通常7.5Wでの出力となります。

また、Ankerの公式ページの注意事項にも記載がありますが、MagSafe規格の15Wには非対応となります。

iPhoneは、USB-C - Lightningケーブルと急速充電に対応した充電器を使用する事で18Wの急速充電が可能です。
なので、ワイヤレス充電の充電速度は、ケーブルでの急速充電と比較して半分以下の充電速度となります。

素材

素材

素材に関しては特に明記されていませんが、触った感じとしては全体的にプラスチックな感じでした。

ただ、安っぽさはなく寧ろ高級感がある様に感じました。

強いて言えば、充電面に関しては、iPhoneやiPhoneケースに密着する部分になるので傷がつかない様な素材になっていると良いなと感じました。

利用ユーザーからの良くある口コミ

良い口コミ

  • Apple純正のMagSafe充電器より安い
  • 安価なのでMagSafe対応充電器を試すのに丁度良い
  • MagSafeにより位置ズレが発生しない
  • ケーブルが1.5mと長い
  • 磁力が強力

Apple純正のMagSafe充電器より安価でMagSafe対応充電器を試すのに丁度良いと言うのが目立ちました。

あとはMagSafeならではの位置ズレが発生しないや磁力が強いと言う口コミでした。

やはり皆さん安さやMagSafeの便利さを感じている様です。

悪い口コミ

  • 15Wでの高速充電ができない
  • 最大7.5Wの充電速度になるので充電速度が遅い
  • ケーブルの角度を変えようとこの製品を回転したところハードケースに傷がついた
  • 発熱する
  • 充電が80%で止まる

悪い口コミとしては、確認不足や仕様の把握が出来ていない事による不満が悪い口コミとなっていると感じました。

15Wで充電できないに関しては、最大で7.5Wでの充電と紹介画像に載っていますし、充電速度が遅いに関しても「USB-C - Lightning」の最大充電速度が18Wとかで、本製品が最大7.5Wでの充電速度なので、遅いのは当然と言えば当然ですね。

充電が80%で止まると言うのは、寝ている時に充電いている人が多く、iPhoneの設定から「バッテリーの状態」と言う画面あり、そこに"バッテリー充電の最適化"と言うON/OFF設定があります。説明には、「バッテリー劣化を軽減する為、80%を超える充電を保留することがあります。」と記載されています。
おそらくこの設定がONになっているからだと予想されます。
(発熱による影響もあると思いますが……)

発熱に関してはワイヤレス充電の宿命としか言いようがないですね……

よくある質問

レザーの手帳型ケースでも充電できますか?

私が以前に使っていたレザーの手帳型ケース(厚さ3〜4mm)で試してみましたが充電可能でした。
ただし、説明書には4mm以上のケースでは充電出来ないと記載がありました。

また、充電出来たとしても磁石の吸着が弱いまたは無いや、吸着しても充電跡が付くかもしれません。

AirPods(第3世代)の充電はできますか?

私が所持しているAirPods(第3世代)は充電可能で、MagSafeで吸着しました。
MagSafe充電ケースを使用している場合は、MagSafeによる充電が可能です。

ちなみにAnkerのインナーイヤー型イヤホン「Soundcore Life Note 3S」は、ワイヤレス充電が可能で、こちらも充電が可能でした。
(磁石による吸着はありません。)

充電器もセットですか?

充電器がセットの製品とMagSafe充電器単品の製品で2種類ある様です。
購入する際は、注意が必要です。
ただし、セットの製品は、USB-Cのポートが1つだけみたいないので、USB-Cポートが複数ある別の製品の方が良いかもしれません。

MagSafeに非対応の機種でも使用可能ですか?

ワイヤレス充電(Qi)に対応していれば使用可能だと思います。
私はiPhone Xsで充電可能でした。

ただし、ワイヤレス充電に対応していてもMagSafe非対応だと磁力による吸着はありません。
磁力による吸着もしたい場合は、下記を記事を参考にしてみてください。

ケースに貼るだけでどんな機種でもMagSafe対応にできちゃう!

ケースに貼るだけでどんな機種でもMagSafe対応にできちゃう!

感想

私みたいに「MagSafeを試してみたい!」と言った人にはピッタリな製品だと感じました。
Apple純正のMagSafe充電器では高いし、そもそも私のiPhone Xsでは15Wのワイヤレス充電に対応しておらず、宝の持ち腐れとなります。

発熱に関しては、事前に調べて分かってはいましたが、確かにiPhone本体と合わせて「結構発熱するな」と感じました。
発熱に合わせて充電速度も関連して遅くなります。

しかし、冷却ファンを使用する事で発熱や充電速度は克服した様に感じました。
別記事で検証結果を公表しようと考えています。

2022/11/01追記
検証記事作りました。意外な結果になったので是非確認してみて欲しいです。

MagSafe充電の速度検証|期待外れだが冷却ファンで爆速充電可能!

MagSafe充電の速度検証|期待外れだが冷却ファンで爆速充電可能!

MagSafeアクセサリのまとめ記事も作成したので是非チェックしてみてください。

MagSafeアクセサリのおすすめ17選|MagSafeで日常が便利になる!

MagSafeアクセサリのおすすめ17選|MagSafeで日常が便利になる!

まとめ

USB-C - Lightningケーブルに比べて極端に発熱したり充電速度が落ちたりしますが、ワイヤレス充電やMagSafeを試したい方にはおすすめの製品であることが分かりました。

プロフィール

自分の写真

Neo Sloth

札幌

アーカイブ